弁護士が慰謝料の交渉


慰謝料を払ってもらう場合、揉めてしまう要素として金額があります。慰謝料を払うこと自体には問題がなくても、その金額を巡ってもめることがあるのです。どのようなお金であってもそうですが、受け取る側は少しでも多く受け取りたいわけですが、支払う側は少しでも少なくしたいものです。そのため、この考え方の違いによって揉めてしまうことが多いのです。

弁護士だからこそ、こうした話し合いを当人同士でおこなってもスムーズには進みません。余程片方が反省しており、相手の言う通りにすると決めていない限りは、当人同士の話し合いでは物事はスムーズに進まないのです。そのため、このような話し合いにこそ弁護士は不可欠と言われています。話し合った内容を書面に残すという意味でも重要ですし、話し合いを円滑に進めていくためにも重要だからです。

さらに言えば慰謝料を支払ったり受け取った経験を持つ人などほとんどいませんから、その相場もわからないものです。だからこそ、弁護士を間に入れて世間での同じようなケースではどのような金額のやりとりが行われるのかを聞いて、参考にしておきましょう。弁護士がいることによってすべての作業がスムーズに進んでいくと言われています。

関連HP
浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

慰謝料はキチンと回収


慰謝料自分が不倫をされた側の立場であれば、慰謝料を受け取ることは確実に考えておきたいものです。もちろん夫婦だからこそ相手の経済的な事情も把握しているでしょうが、それでも受け取っておくべきです。慰謝料には様々な支払い方法があり、一括で払う人もいれば、高額な場合には分散して支払うこともあります。しかし、いずれにしてもきちんと払ってもらうことが大切です。

お金は持っておいて損するものではありませんし、相手の過ちを考えればもらって当然のお金ですから、そこで躊躇する必要はありません。また、夫婦間の口約束などだけでは、いざ支払う段階になって相手が支払わなかったりと、約束が守られないこともあります。そうなると余計な手間暇をまた増やすだけなので、最初に約束を交わす段階で弁護士などの法律のプロを間に入れて、きちんと書面などで残すことも大切です。

このような書面があれば、いざ相手が払わないということになっても強気で請求することができますし、最終的には裁判という場面においても有利に物事を進めていくことができます。また、慰謝料の請求は自分自身のパートナーのみならず、パートナーの不倫相手である男性もしくは女性に請求できることもありますので覚えておきましょう。

不倫発覚後の対処方法


自分自身が夫婦関係を築いてきたパートナーが知らない誰かと不倫をしていた事実が発覚した場合、そこには慰謝料というお金が生まれる可能性があります。もちろん、すべてのケースにおいて慰謝料があるわけではありませんが、離婚ともなれば多くのケースで不倫をした側が相手に対して慰謝料を払い、尚且つその金額が高額になる可能性もあります。

不倫そのため、不倫をされた側は慰謝料という言葉をしっかり覚えておきたいものです。もちろん、気持ちの面での怒りや悲しみのほうが大きく、お金など関係ないと考える方も多いはずです。たしかに長年にわたって連れ添ったパートナーから裏切られてしまうと、そのような気持ちになってしまうことも理解はできます。しかし、特に離婚をして今後はひとりで生きていくということであれば、お金は持っておくべきです。さらに、あとからやはりお金をもらいたいと思っても遅いので、まずは受け取っておくべきと言えます。

また、相手が完全に浮気や不倫を認めており、慰謝料の支払いに前向きなケースもありますが、その一方で不倫の事実さえ認めようとしないようなケースもあります。そのため、証拠を突きつける作業なども必要になります。そのため、不倫の事実が判明した場合には、こうした点も考慮し、あらかじめ弁護士などに相談して、いざというときに相手が言い逃れできない状況を作り上げることも大切になるのです。こうした点を覚えておき、慰謝料を勝ち取りましょう。