不倫発覚後の対処方法


自分自身が夫婦関係を築いてきたパートナーが知らない誰かと不倫をしていた事実が発覚した場合、そこには慰謝料というお金が生まれる可能性があります。もちろん、すべてのケースにおいて慰謝料があるわけではありませんが、離婚ともなれば多くのケースで不倫をした側が相手に対して慰謝料を払い、尚且つその金額が高額になる可能性もあります。

不倫そのため、不倫をされた側は慰謝料という言葉をしっかり覚えておきたいものです。もちろん、気持ちの面での怒りや悲しみのほうが大きく、お金など関係ないと考える方も多いはずです。たしかに長年にわたって連れ添ったパートナーから裏切られてしまうと、そのような気持ちになってしまうことも理解はできます。しかし、特に離婚をして今後はひとりで生きていくということであれば、お金は持っておくべきです。さらに、あとからやはりお金をもらいたいと思っても遅いので、まずは受け取っておくべきと言えます。

また、相手が完全に浮気や不倫を認めており、慰謝料の支払いに前向きなケースもありますが、その一方で不倫の事実さえ認めようとしないようなケースもあります。そのため、証拠を突きつける作業なども必要になります。そのため、不倫の事実が判明した場合には、こうした点も考慮し、あらかじめ弁護士などに相談して、いざというときに相手が言い逃れできない状況を作り上げることも大切になるのです。こうした点を覚えておき、慰謝料を勝ち取りましょう。

About admin